KZ邸

2016年

名古屋市内にある閑静な住宅地。その一角にこの住宅は建っています。
30年以上前にクライアントの奥さんのご両親が建てられたRC住宅をリノベーションしたものです。

装飾的だった内装は全て取り払い、シンプルで明るく、暖かな空間を作り上げました。
リノベーションは過去の記憶(構成、素材、構造)をどう今に蘇らせる(関係付けるか)といった事を積極的に考える事もありますが、今回は出来るだけそれらを消し去る事にしました。それがクライアントの要望だったからです。
しかし、そこには消し去る事の出来ない昔の記憶が残ってしまうのも事実です。

それらの残された記憶と新しく刻み込まれていく記憶が複雑に絡み合いながら、この場所に新しい「住まい」が作られていく事でしょう。

TO