MY邸

2007年

とり残されたような田畑の中に住宅や倉庫が点在している。そんな典型的な地方都市の郊外にこの住宅は建っています。

奥さんのご実家の敷地内での増築ですが、出来るだけ独立性の高い住宅を作ってほしいとのクライアントのご希望に従い、西側に建つ母屋との関係性は極力排除しました。敷地の東側は交通量の多い道路、北側はコンビニエンスストア、南側は母屋へのアプローチと駐車スペースになっています。そのため、唯一景色のよい2階南側を除き、周囲に閉じたコートハウスとなりました。

住宅を考える時、外部に対してどれだけ開くか (もしくは閉じるか) はその内部空間の質や、外部環境との関わりを決定する大きな要因となります。事務所へ来られるクライアントは、プライバシーの問題等から、多くの方が外部に対して閉じたコートハウス形式を望まれます。現実の世界において他人との関係性が希薄になった現代人にとっては、逆に住宅を積極的に外部に開いていく事も魅力的な提案となるかもしれません。しかし、様々な与条件を整理していくと、コートハウス形式を採用する機会が増えてくるのも事実です。

唯一口にコートハウスと言っても、内部とコート、コートと外部、この繋がり方によってコートの性格は大きく変わってきます。この住宅では、冬の日照の妨げにならない程度に外周の壁を高くしてコートを内部化し、ほぼ同じ広さのリビングと一体化する事にしました。これによって、このまとまった領域は内部とも外部ともわからない一つの静かな空間となりました。
 このリビングでお茶を頂いていると、東側の道路の喧騒はどこか遠くに聴こえてきます。