徹明不動産

2011年

古いRC造ビルの改装です。クライアントは僕が設計した「パピルス」というテナントビルのオーナーの息子さんです。ご自身のオフィスと住居の一部を手直ししました。

予算を考え、一階の事務所はRCの構造体を出来るだけそのままあらわし、内装工事を極力少なくしました。古く荒々しいRCの壁と、新しく出来た平滑な壁とのコントラストが、深みのある空間を作り出してくれました。

時間を経た素材との組み合わせだからこそ発するその雰囲気は、新築工事では決して作る事の出来ないリノベーションの魅力です。