IMG_1409
みけみ2018.05.25

みけみ。我が家にやって来た子猫の名前です。

名前は息子がすぐに決めました。三毛猫で女の子だから「みけみ」。安易過ぎる。ほんとうにそれでいいのか...

でも、いつもミーミー鳴いているので、「ミーチャン。ミーチャン。」と妻は呼んでいます。

本名「みけみ」愛称「ミーチャン」の体重は1週間で倍になりました。

TO

IMG_1372
新しい家族2018.05.14

「おとーさーん。子猫ー。」階段下から息子がそう叫んだのが先週の金曜日でした。

見ると、自宅の前の畑の中で、小さな子猫がミーミーとか細い声を上げていました。まだ目も見えていないような赤ちゃん猫。何かの理由で野良の母猫とはぐれたのでしょう。「このままではすぐ死んでしまう。とりあえずは連れて帰ろう。」そんな甘い判断でした。ジェロが亡くなってから1年半。「もし今度飼うなら犬かな。」漠然とそう考えていました。でも、息子は飼う気まんまん。猫アレルギーの妻も、動物病院で「メス猫です。」と告げられ、「かわいいー。美人さんー。」と、めろめろ。

新しい家族になるのかな...これも縁かな...

こんな流れになるのは、何となくわかっていたような......

TO

 

IMG_1349
マウンテンバイク2018.05.12

今日始めてマウンテンバイクに乗りました。

五月晴れの堤防道路を下り、桑名のゴンゾウパークというスポーツ施設に行ってきました。息子と二人きりで事前講習を受け、親子揃って人生始めてのマウンテンバイクのオフロード走行です。講習も含め3時間みっちり走り、喉はからから、汗はだくだくでした。

帰りの車では、コンビニで買った冷やし中華を半分も食べないうちに、息子は深い眠りへと落ちていきました。

TO

 

IMG_1250
連休前半2018.05.01

土曜日は学生時代の友人と、ほんとうに久しぶりに名古屋のライブハウス「ラブリー」に行ってきました。
ジャズの生演奏を聴きながらのバーボン、おいしかったです。

日月は毎年恒例の粕川でのキャンプ。
最高の天気、ビールがおいしかったです。

少し疲れが残っていますが、仕事もがんばらねば...

TO

IMG_1234
鯉のぼり2018.04.28

今年も鯉のぼりの季節になりました。
雲ひとつない青空に、1年ぶりの鯉のぼりがたなびきました。

TO

IMG_1170
2018.04.01

「交通公園へ行きたい。」
近頃また自転車に夢中な息子の言葉で、今日は畜産センター横の交通公園に行ってきました。

構内には街中を模した道路や歩道、信号機や踏み切りもあります。
その中で自転車やペダル式のゴーカートに乗って、交通ルールの勉強です。
最初は楽しんでいた息子ですが、1時間もしないうちに飽きてしまい、その後は公園の桜の下で花見です。
いつも花見の時期は肌寒いのですが、今日はポカポカと気持ちの良い1日でした。
まさに ひさかたの光のどけき春の日に 桜の下で穏やかな休日を過ごさせていただきました。

TO

IMG_1133
盲導犬2018.03.05

ちょっとした機会があって、息子と一緒に「盲導犬についての話」を聞いてきました。

人生の大半を人に仕える仕事をする盲導犬。引退は10~12才だそうです。
「犬らしく遊べず、ちょっとかわいそう。」帰りの車で妻が言いました。
「でも、多くの飼い犬が大半を鎖につながれている事を考えると、どっちが幸せかわからない。」
そんな会話をしながら、帰路につきました。

ほんとうは犬の心配より、盲導犬を望んでも得られない多くの視覚障害者の人がいる現実について、語るべきなのでしょうが...

TO

IMG_0984
科学の祭典2017.12.16

「青少年のための科学の祭典2017」に参加するため、今日は息子を連れて、久しぶりに岐阜市科学館へ行ってきました。
3週間前に行ったサイエンスフェスティバルより小規模でしたが、息子はいつもどおり、工作を満喫したようです。
原発の廃棄物処理関係のブースもあり、僕も少しだけ勉強になりました。

TO

sz11
SZ邸2017.12.07

SZ邸 アップしました。

完成引渡しが4月25日、写真撮影が半年後の11月3日、ホームページアップがその1月後の12月6日。
いつも遅くなってしまいますが、よろしかったらご覧ください。

TO

IMG_9219
テーブルマークこども大会2017.10.01

将棋の大会に家族で来ています。
大きな大会ですが、こどもの将棋祭り(?)のようなイベントでもあります。
自由対局で3勝すれば駒形消しゴムがもらえるそうで、勝つ回数が増えれば、もらえる消しゴムも歩から桂馬、と順に強い駒がもらえるそうです。
それが目当てで、意気込んできた息子。
そこになんと、予定外のスペシャルゲストが現れました。
藤井聡太四段。初めてお目にかかりました。
しかし、子供達は対局席で待機中、ステージからの距離およそ150mも離れ、対局を見守る親に囲まれている状況。と、遠すぎる…
母は、君の替わりに最前列で目に焼き付けておきました。

YO

IMG_0610
サイエンスワールド2017.09.18

台風で3連休は雨、それなら屋内で。そう思い、昨日瑞浪のサイエンスワールドに行ってきました。

岐阜市の科学館は息子にせがまれ幾度となく足を運んでいますが、ここに行くのは初めてでした。
様々なサイエンスショーにワークショップ、朝10時から午後5時まで目一杯(息子が)遊ばせてもらいました。
もう少し近くにあったら、ちょくちょく行くのですが...

グッゲンハイム美術館を彷彿とさせる外観(?)それとは違うカラフルなインテリア。
設計は建築家の仙田満さんです。

TO

IMG_0495
夕焼け2017.08.27

昨日、久しぶりに「焼肉屋」へ行ってきました。

「焼肉屋」へ行くのは本当に久しぶりです。若い頃は結構いきましたが...10年ぶりくらいでしょうか...
そこの駐車場からの夕日がとてもきれいでした。その「光」を見て、帰ってからブログで書いていた「明かり」の続きを書かなくては...と思い出しました...

TO

IMG_0175
2017.08.07

週末、家族三人で日本海へ行ってきました。

砂浜に面したキャンプ場には原発の建物がすぐそこに迫っていましたが、眼前には美しい日本海が広がっていました。
海で泳ぐのは何年振りでしょうか。何十年ぶり?ほんとうに久しぶりです。海二度目の息子はテント設営も一切手伝わず、海に直行です。
蟹やヤドカリ、ヒトデを捕まえ、しょっぱい海水を味わいながら、風の強い日本海を泳ぎました。

夜、消えかけた焚き火台の傍で一人で酒を飲んでいると、足の悪い一匹の野性のキツネがやって来ました。先の白い太い尻尾、尖った耳、まさにキツネです。
残っていた焼き鳥、食べかけのチーズをキツネが驚かない様にそっと投げてやりました。
野生の動物への餌やりは良くない事かもしれません。でも、足の悪い彼(?)には人間からの餌が貴重な命綱かもしれないし...

満月に近い青白い月明かりの下で、野生のキツネへ餌をやったのはもちろん初めてです。幻想的な貴重な体験でした。

TO

IMG_8726
これから長良川花火大会2017.07.29

本日は、長良川花火大会です!
13時の車両規制前に場所取りをしてから、長良橋のたもとで川遊びをして時間を潰しております。
父と子はライフジャケットを装着して、プカプカと楽しそう…
私というと、足だけ川に浸かり折畳み傘を差して涼んでいます。来年は、水着でも着てくるかな。

開始まであと5時間…

YO

IMG_8429
鉱物採集2017.06.12

中津川市の”ちんの峠”へ家族で鉱物採集へ行ってきました。
ここは石英(水晶)がよく取れる事で有名な場所だそうです。鉱物採集初体験の私達家族でも小さい石なら簡単に見つける事が出来ました。ただし、辿り着くまでが大変でしたが。。

息子は小さい時から石が好きなようで、気に入った石があるとよく拾ってきました。そんな彼が日本の歴史の漫画で旧石器時代の打製石器(石槍や石斧)の存在を知り、自分も石槍を作りたい!と色めき立ち、父も『子供の頃に水晶拾いに行ったなぁ〜』と。
こうして我が家で鉱物採集の機運が高まり拾いに行く事になりました。
いつかは、打製石器によく使われていた黒曜石を採集したいものです。

YO

untitled
沢蟹2017.05.27

今日、息子とふたりで二匹の沢蟹を伊自良川に放してきました。

先週の日曜日、同じ場所で遊んでいた親切な親子にもらった沢蟹です。
10年近くの寿命があると言われる沢蟹。不精の僕にはとても面倒はみれそうにありません。
以前もらった弁慶蟹も死なせてしまいました。
「1週間後に必ずここに返しにくるのなら、もって帰ってもいいよ。」そういう僕に、息子は「1週間観察したら返しに来る。」そう約束しました。
そんな息子でしたが、1週間ほとんど観察もせず、今日のお別れも車の中から「バイバイ。」の一言でした。
「もう捕まるなよ。」そう心でつぶやいて、年齢不詳のカニ達と別れました。

でもまた、捕まえては放す人間のエゴ、繰り返す日々が当分続きそうです。

TO
 

untitled
郡上八幡2017.05.16

郡上八幡を歩いてきました。

先週末、大学時代のスキー部のOB会を岐阜グランドホテルで行ったのですが、その中の一人が福井の今庄町の街並み再生に関わっていたのです。
機械科だった彼が「本当は建築学科にいきたかったんだ。」と言いつつ、嬉々として街並み再生の話をするのです。
金華山にでも登ればよいか、という予定は急遽長良川沿いの川原町の散策に変わり、それならと、郡上八幡まで連れていく事になったのです。

久しぶりに歩いた川原町、そして郡上八幡。
ほんとうに、水の流れはいいものです。

TO

untitled
ビニールの鯉のぼり2017.05.06

昨日は子供の日。
毎年上げる鯉のぼりの下で、今年は小さなビニール製の鯉のぼりが風になびきました。

数日前、息子と二人でスーパーに買い物に行った帰り、「このビニールがほしい。」と息子が突然言い出しました。
それは入口に置かれた濡れた傘を入れるビニール袋でした。
「どうして?」と聞くと、「雨に濡れても大丈夫な鯉のぼりを作る。」息子はうれしそうにそう答えました。
雨が降りそうになるとすぐに仕舞ってしまう鯉のぼりの代わりにする。そういう事のようです。
ビニール袋を数枚いただいて、家に帰ってから親子で鯉のぼりを作りました。

昨日は晴れたので、二つの鯉のぼりが上げられたのです。

TO

一級建築士事務所 内川建築設計室 岐阜・愛知・三重を中心に夫婦で建築設計事務所を営んでいます。