image
生き物係2016.06.24

子どもを育てていると昆虫等の生き物も付随して育てる事になりますね。
去年は幼虫からカブト虫を成虫に育て、今年はお友達とそのお父さんにクワガタ捕りに連れて行ってもらい只今12匹のノコギリクワガタやヒラタクワガタ、近所の方から頂いたカブト虫のメス、おばあちゃんに連れられて行ったお祭りの出店の金魚2匹を育ています。
なんだかドンドン増えていく…
虫かごもドンドン増えていく…
虫が苦手な私が今になって生き物係になろうとは思いもよりませんでした。笑

YO

untitled
ハネ蟻2016.06.10

「ハネ蟻が2年連続して出ました。」

SY2邸 の奥さんから、そう連絡があったのは1ヶ月程前の事です。
そして今日、工務店の監督さんとシロアリ業者さんと共にSY2邸にお伺いしてきました。
「ハネ蟻が出たのは、水盤近くの木製建具の足元。」そうお聞きしていましたので、「水盤」の湿気がシロアリ発生の原因と推測し、建具近くに水盤を作った事を少し反省していました。
そして、この家のシンボルのひとつである「水盤」を「殺す」事も考えていました。
しかし、「水盤の水はまったく関係ない。」シロアリの蟻道を見つけ、その進入経路や対策を色々と説明するシロアリのプロはそう断言しました。
それを聞き、思い入れのある「水盤」に罪はない、そう思い、ちょっと気が楽になりました。ただ、「そこに流れる雨水を溜めるコンクリートの水槽にヘドロが溜まり、掃除が大変です。」そう奥さんに言われ、また反省です…
その後改善方法を色々と打合せし、何とか「水盤」も生き延びる事ができそうです。

水は建築空間に大変魅力的な素材です。ただ、一番問題を発生させる素材でもあるのです。重々わかっていたつもりですが、改めて思い知らされました。

数年ぶりに訪れた空間は、竣工当初からほとんど変わっていませんでした。ただ、奥さんが撮られたすてきな写真が壁に味わい深い記憶を刻み付けていました。
そして、庭の新緑が梅雨の合間の初夏の香りを運んでくれているようでした。

TO

一級建築士事務所 内川建築設計室 岐阜・愛知・三重を中心に夫婦で建築設計事務所を営んでいます。