IMG_1014
画像の加工2019.08.25

前回のブログでシートフローリングの事を書きましたが、使うことになったのはダイケンの商品です。ダイケンといえば超メジャーな建材屋さんですが、事務所にカタログがなかったので、先日ショウルームへ行ってもらってきました。そして、ペラペラと中を見ていると何やら見慣れた写真が...僕の設計したY邸です。でもちょっと違う...床が変わってる!画像が加工されているのです。

「写真の画像を誰でも自由に使えるようにする。」そんな話は以前カメラマンの方から聞いて承諾したので問題はないのですが、勝手に加工してもよいのでしょうか?時間が出来たら一度調べてみようと思います。

TO

 

IMG_1017
シートフローリング2019.08.12

この仕事を始めて、初めてシートフローリングというものを使うことになりました。シートフローリングとは合板などの基材の上に木目などを印刷したオレフィンシートなどを貼ったフローリング材です。

無垢板のフローリングを究極の本物と言うなら、三層フローリング、フロアー合板と少しずつ偽物になっていくと言えるかもしれません。そうすると、シートフローリングは究極の偽物と言えるのかもしれません。しかし、最近のシートフローリングは印刷技術の発達で(?)、本物そっくりなのです。しかも、汚れや傷が付きづらくノーメンテ、猫をたくさん飼い、汚れや傷を気にするFIさんのお宅にはぴったりです。10年くらいは本物やちょっと偽物のフローリングと比べ、絶対的に手間いらずといえるでしょう。しかし、それ以降20年後、30年後はどうでしょうか。シートはだいじょうぶでしょうか。まだ歴史が浅いので、とても心配です。正直に僕の気持ちをFIさんに伝え、結局半分は普通のフロアー合板に変えることになりました。

どちらのフローリングが良かったか、結果が出るのは大分先になりそうです。

TO

一級建築士事務所 内川建築設計室 岐阜・愛知・三重を中心に夫婦で建築設計事務所を営んでいます。