土地探し  4     借景 (後編)

イメージ画像1

望むべき借景がなければ中庭を造り、空を借景として切り取る事も可能です。どんな土地でもすばらしい家を創る事は出来るでしょう。ただ、川、山林、公園、遠い街並みの眺望等々、将来的に変わらないすばらしい借景が望める土地は、その方向が南であれ北であれ、最初から得難い宝を備えていると言っていいでしょう。その方向に建物を開く事により、そこからの光や風、眺望を得る事ができるのです。そして、借景には草むしりの手間も固定資産税も要りません。維持費は掛からないのです。もちろん、そこに手を加える権利もありませんが…

すばらしい借景を持った土地はなかなかありません。得難い宝はなかなか得難いのです。ただ、これから土地を探すのであれば、「借景」の事も頭の片隅に入れておいたらいかがでしょうか。

写真は僕の自邸の3階から見た夕焼けです。遠くに見える山は伊吹山です。屋上へ登ると長良川も見えます。

TO