鏡の間

2019年

夏休みの自由研究で息子が作ろうとして断念したプラネタリウム、その残骸が事務所に放置されています。

中に銀色のアルミ箔が張られたその箱は、今はミケミのお気に入りの場所です。銀色の皮膜が熱線を反射するので、中に手を入れるととても暖かく、ちょっと涼しくなってきたこの時期、ミケミにとってとても快適な場所なのでしょう。

でも妻は「ミケミは女の子だから鏡がお気に入り。」などと言っています。この場所はミケミの鏡の間なのだそうです。

TO