IMG_1044
シャボン玉2019.09.12

気持ちの良い天気。

シャボン玉の術を使う息子。

シャボン玉、見えますか?

TO

IMG_1014
画像の加工2019.08.25

前回のブログでシートフローリングの事を書きましたが、使うことになったのはダイケンの商品です。ダイケンといえば超メジャーな建材屋さんですが、事務所にカタログがなかったので、先日ショウルームへ行ってもらってきました。そして、ペラペラと中を見ていると何やら見慣れた写真が...僕の設計したY邸です。でもちょっと違う...床が変わってる!画像が加工されているのです。

「写真の画像を誰でも自由に使えるようにする。」そんな話は以前カメラマンの方から聞いて承諾したので問題はないのですが、勝手に加工してもよいのでしょうか?時間が出来たら一度調べてみようと思います。

TO

 

IMG_1017
シートフローリング2019.08.12

この仕事を始めて、初めてシートフローリングというものを使うことになりました。シートフローリングとは合板などの基材の上に木目などを印刷したオレフィンシートなどを貼ったフローリング材です。

無垢板のフローリングを究極の本物と言うなら、三層フローリング、フロアー合板と少しずつ偽物になっていくと言えるかもしれません。そうすると、シートフローリングは究極の偽物と言えるのかもしれません。しかし、最近のシートフローリングは印刷技術の発達で(?)、本物そっくりなのです。しかも、汚れや傷が付きづらくノーメンテ、猫をたくさん飼い、汚れや傷を気にするFIさんのお宅にはぴったりです。10年くらいは本物やちょっと偽物のフローリングと比べ、絶対的に手間いらずといえるでしょう。しかし、それ以降20年後、30年後はどうでしょうか。シートはだいじょうぶでしょうか。まだ歴史が浅いので、とても心配です。正直に僕の気持ちをFIさんに伝え、結局半分は普通のフロアー合板に変えることになりました。

どちらのフローリングが良かったか、結果が出るのは大分先になりそうです。

TO

IMG_0847
東京2019.06.18

東京へ行ってきました。実家は東京都の八王子ですが、都内に出るのは久しぶりです。

先週の土曜日に学生時代のスキー部の同窓会が東京であり、たまたまその2日後の月曜日が息子の学校が休みだったので、これはチャンスとばかりに、家族でディズニーランドへ行く事にしたのです。梅雨時期の月曜日なら空いているはず...そう思ったのですが...結構混んでました。

ディズニーの前には妻の大好きなチームラボへ...去年は豊洲、今年はお台場です。

東京はほんとうによく歩きます。土曜日から歩きっぱなし...膝が痛いです...

to

 

IMG_0732
成果2019.06.05

昨日は午後からFI邸の配筋検査に行ってきました。

実は午前中に確認検査機関の配筋検査がありましたので、ダブルの検査です。「2度も検査する必要があるかな?」と思いつつ、電気屋さんの器具取り付け位置の間違いを発見しました。

現場に行けば行っただけの「成果」がもらえるようです。

TO

 

 

IMG_0713
2019.05.08

今日は連休後初めて、そして「令和」初めての現場打合せ日でした。10連休で疲れた体と少しぼけた頭で、蒲郡まで行ってきました。

10連休は色々とありました。

雨の中だらだらと迎えた平成最後の日、そして令和最初の日...イルカとシャチのショー...友人達との再会...家族三人で初めての2泊3日のキャンプ...

写真は友人との再会の時、その奥さんのmidoriさんが撮ってくれたものです。彼女の写真にはたくさんのファンがいるそうですが、なかなか雰囲気があっていい写真ですネエ。

おっと、あまり余韻にはひたっていられません。たまった仕事に取り掛からねば.....

TO

 

IMG_0590
クライミング2019.04.22

昨日、息子を連れて初めてのクライミング教室に行ってきました。

ストレッチを終えた子供達はさっそくクライミングに挑戦です。ロープの結び方を必死に教わる親たちの反対側で、子ども達も高い壁に必死にくらいついていました。こっそり見ていると、息子は6Mはあろうかという壁を何とか上りきっていました。

「上りきった子は3人だけだよ。」後で息子が自慢そうに言いました。

十数回の教室、どこまで上達するかな?

TO

 

IMG_0567
春眠暁を覚えず?2019.04.12

袋があれば、とにかく入りたがるミケミ。

幸せそうに、その中でウトウト...

TO

IMG_0547
2019.04.08

桜満開春爛漫。

無理やり公園デビューのミケミです。

TO

IMG_0520
膝痛2019.03.28

今日は蒲郡のFI邸の配筋検査に行ってきました。ただ、数日前から膝が痛く、組んだ鉄筋を跨ぐのも一苦労でした。無理して息子のサッカーに付き合ったのがいけなかったのか?

整形外科へでも行かねば...

TO

IMG_0464
黄昏の豊橋駅前2019.03.14
岐阜は昨日雪が降ったようですが、
僕は電車に乗って豊橋に行っていました。
現場事務所を作れない(作らない?)蒲郡のF I邸の定例打ち合わせに、
施工会社の事務所まで行ってきたのです。
普段は結構遠い現場でも車を使うことが多いのですが、
F I邸は駅からかなり近いので、電車を使うことにしているのです。
車窓からの景色、黄昏時の駅前の雑踏、
車では味わえない様々な風情を感じることも出来るので、
たまには電車も良いものです。
ただ昨日は、帰りがけに電気屋さんが用意してくれた
4冊の分厚いカタログを持ち帰らねばならず、
それがずっしりと肩に重かったです。
TO
IMG_0445
ボーリング 2019.03.04

息子と2度目のボーリングに行ってきました。

写真は投球直前の華麗なフォーム、、、、に見えますが、たまたまそんな感じに撮れた1枚です。

TO

IMG_0431
アグラの上のミケミ2019.02.27

家でひとりで仕事をしていると、ミケミが部屋にやって来ます。

近づけば逃げるくせに、ひとりだと寂しいのでしょう。そして、少し寒いと昔のジェロのように僕の膝の上に乗ってきます。ジェロにしたように椅子の上でアグラを組んで広いスペースを作ってあげると、その上で寝入ってしまいます。ちょっとジェロと違うのは、その寝姿です。アグラを組んだ僕の膝の隙間に顔を半分めり込ませ、そうして気持ち良さそうに眠っているのです。顔が暖かいのか...匂いがいいのか...

そのうち、足が痺れてきます。

TO

09_Mutoh_08_E[1]
栃の一枚板2019.02.25

昨日、今度住宅を作られる息子さんとの打合せの後、Mさんにイタリアンのお店でおいしい料理をごちそうになりました。

Mさんの住宅を設計させて頂いたのは20年程前になります。そこで暮らし続けたMさんと、そこで育った息子さんに再び声を掛けられた事は、僕の設計した住宅を認めてもらった事にもなりますので、建築家冥利に尽きるほんとうにありがたいことです。

色々な楽しい会話の中に、M邸についての思いも幾つかお聞きすることができました。工事中一度も現場を見なかったMさんが竣工後初めて玄関を入った瞬間の感動...無垢のホワイトアッシュの床材や塗り壁の魅力...家具工事の施工技術だけは唯一不満だった事...趣味の部屋はあまり使わなかった事...そして、リビングに置いた栃の木の一枚板のテーブルがどれだけ役に立っているか等々...

「ほんもの」の素材と「空間」が家族の歴史にとってどれだけ大切か、改めて考えさせられる貴重な時間でした。M邸へはお立ち寄りすることはできませんでしたが、リビングの一枚板が、今もなおその存在感を放っていることだけは確かなようです。

TO

IMG_0411
2019.02.18

今日は蒲郡のFI邸の杭打ちの立会いに行ってきました。

写真は8mの杭が地中に挿入される瞬間です。杭はC種という強度の高い節杭で、マナックというメーカーのFP-BESTEX工法という国交大臣が個別に認定した特殊な方法で施工されます。当初は別の杭の予定だったのですが、ボーリングデータが予想以上に悪く、様々な方法を検討した結果、この工法に決定したのです。

「地盤が思ったより悪い。」そんな現場が最近続いています...

TO

IMG_0376
初めての体験2019.02.18

昨日は息子を連れて初めて、ボーリング場とバッティングセンターへ行ってきました。

息子はガター防止用の柵のようなものを付けてやりましたが、何とかストライクを1回取る事ができました。バッティングも初めてでしたが、何とかボールに当てる事ができ、大喜びでした。

僕自身は散々でしたが...

TO

 

IMG_0371
オープンハウス2019.02.16

今日、元スタッフの後藤君が設計した住宅のオープンハウスに行ってきました。

各業種を分離発注し自分で監督した、超ローコストハウスです。その割にはコダワリの細部も色々と見受けられ、ローコストなため余分な贅肉が一切ないので潔く、なかなか心地の良い空間でした。

後藤耕太建築工房、よかったら一度チェックしてみてください。

TO

IMG_0350
スケート 32019.02.13

3連休最終日、家族3人で今年3回目のスケートに行ってきました。

実は3連休の中日に3人で奥伊吹スキー場まで行ったのですが、、、、正確に言うと、近くまで行ったのですが、駐車場が満杯で入場規制が掛かっていて、とても入れそうにもなかったので、退き返してきたのです。それを残念がる息子をなだめるため、次の日スケートに行く事にしたのです。

スケート教室に通う事になった息子ははりきってがんがん滑り、妻はスケート場にいた上級者に手ほどきを受けて、みっちり練習...

僕だけ取り残されていきそうな、そんな予感の最終日でした。

TO

 

一級建築士事務所 内川建築設計室 岐阜・愛知・三重を中心に夫婦で建築設計事務所を営んでいます。