IMG_0996
左官仕上げ2017.12.22

左官仕上げのコテの押さえ方を指示するため、ON邸の現場へ行ってきました。

壁全面白いフラットな漆喰の部屋の1面を少しざっくりとした風合いにしたいと思い、プラスターに色粉を混ぜた仕上げに変更しました。そのコテの押さえ方を指示するため、現場に行ってきたのです。
メーカーが出している規格品の仕上げ材と違い職人さんに作ってもらうオリジナルな仕上げのため、何度も小さな板で塗り見本を作ってもらい、色合いやざっくりとしたテクスチャーは決めていたのですが、やはり、コテ押さえは現場で塗る時に指示した方が確実です。微妙な風合いの左官仕上げは出来るだけ立ち会う事にしています。
「この辺の感じがいいですね。」「もうそれ以上押さえないでください。」ほっておくと、きれいに平滑にしてしまうのは左官職人さんの「性」、適当に手を抜く仕上げをお願いしました。

「このためだけに来たのだから、なんとかいい感じになってほしい。」
その願いが叶い、なかなかいい風合いに仕上げてもらいました。

TO

IMG_0984
科学の祭典2017.12.16

「青少年のための科学の祭典2017」に参加するため、今日は息子を連れて、久しぶりに岐阜市科学館へ行ってきました。
3週間前に行ったサイエンスフェスティバルより小規模でしたが、息子はいつもどおり、工作を満喫したようです。
原発の廃棄物処理関係のブースもあり、僕も少しだけ勉強になりました。

TO

IMG_0975
ご褒美2017.12.14

天井の木梁の塗料を決めに、急遽ON邸の現場へ行ってきました。
月曜日に行ったばかりなのに...まあ、竣工近くになるとよくある事ですが...

現場へ行ってみると、壁と天井に塗る白い漆喰の下塗りが終わったところでした。
漆喰は今まで結構使ってきましたが、今回使ってある下塗り材は初めてです。
「なかなかいい風合いですね。」そう言って、監督さんに塗った下塗り材の種類を教えてもらいました。
「いつか仕上げに使えるかも。」そう思いながら現場を後にしました。

ちょこちょこ現場へ行っていると、たまにこんなご褒美がもらえます。

TO

IMG_0964
オスモ2017.12.11

今日もSS邸で壁の配筋検査をした後、ON邸の現場へ行ってきました。

家具に張る杉板の順番を決め、それに塗る植物性の塗料(オスモ)の色を決めてきました。
事務所でも杉板で試し塗りも試みましたが、やはり実際に張る杉板で試した方が確実です。
監督さんや職人さんに少しお手間を取らせてしまいましたが、何とか決める事ができました。
いつもは木に色付けすることはあまりないのですが、今回は例外です。

いい雰囲気になってくれれば良いのですが...

TO

IMG_0952
白色2017.12.07

今日もON邸の現場へ行ってきました。

写真は1階の壁に塗る白色塗装の色見本です。
「白色、白色」と単純に言っても、建築現場で完璧な純白を使う事はあまりありません。
実際は赤味、黄味、黒味などの色がごく僅かに含まれています。
これらの割合の違いで「白色」も無限に調合可能なのです。
いつもは室内に塗る白色は「日塗工の~番と~番を1対2」「~メーカーの~番」等と決めているのですが、今回はシステムキッチンの扉の白色が決まっていた事、天井に調湿のために白色の漆喰を塗った事などで、それらの白色に馴染む白色を作る必要があったのです。

何度も何度も色見本を作って頂き、満足できる「白色」がやっと決まりました。

TO

sz11
SZ邸2017.12.07

SZ邸 アップしました。

完成引渡しが4月25日、写真撮影が半年後の11月3日、ホームページアップがその1月後の12月6日。
いつも遅くなってしまいますが、よろしかったらご覧ください。

TO

IMG_0929
型枠2017.12.03

今日は快晴。

息子を一宮の将棋教室に連れて行った後、ちょっと考えたい事があり、SS邸の現場へ行ってきました。
道路に面した外壁コンクリートの型枠が立ち上がり、なんとなく雰囲気も立ち上がってきたような感じです...

TO

一級建築士事務所 内川建築設計室 岐阜・愛知・三重を中心に夫婦で建築設計事務所を営んでいます。