忍
2016.10.21

ハロウィンが近づいてきました。
我が家にはまったく縁がなかったのですが、時代は代わっていきますね。
仮装の忍者に子どものテンションはMAXです。

YO

untitled
自転車2016.10.11

8日の土曜日、息子が初めて補助輪なしの自転車に乗れるようになりました。

その日の夕方、補助輪付きの自転車に乗った息子と二人で近所に散歩に出掛けたのですが、
そこで、補助輪なしの自転車に乗るちっちゃな子供の姿を見かけたのです。
「じょうずだね。あー君も練習しないとね。」
過去に練習を挫折している息子に僕はそう言ったのです。
すると、「練習する!」息子は即座にそう答えました。
思い立ったが吉日です。そのまま近くのグランドで練習を始めました。
以前の練習の事を思い浮かべながら、時間が掛かりそうだなーと覚悟していました。
ところが、拍子抜けするほど早く、息子はあっというまに乗れるようになってしまったのです。

「過去の挫折はなんだったんだろう...」そう思いながらの帰り道、
調子付いた息子は道路で転んで、小さなたんこぶを作りました。

TO

untitled
あられ2016.09.29

今日、松福であられを買ってきました。

ほんとうはオープン時の安売りで「爆買い」するつもりだったのですが、大変な混雑で退散してしまったのです。
今日は通常営業日。それでもお客さんは入れ替わり立ち代りと、なかなか繁盛しているようでした。

手巻き納豆は食べ過ぎたので今日はお休みして、最近はまっている「揚げパスタ」と今まで食べた事がない品を少しだけ買ってきました。
またお気に入りのものが出来そうな気がします...

TO

untitled
柱状改良2016.09.28

SZ邸で柱状改良工事が行われました。

柱状改良とは現場の土を柱状に固化剤を混ぜて硬くする事で、現場で土の固い杭を作る、そんな工事の事です。
かなり軟弱な地盤だったとはいえ、木造の平屋で行うのは今回はじめてです。

どんな地震が来ても壊れない、そんな丈夫な建物になりそうです。

TO

untitled
トヨタ産業技術記念館2016.09.19

昨日、家族3人でトヨタ産業技術記念館へ行ってきました。

自動車と繊維の二つの側面から作られたその展示空間はとてもすばらしいものでした。
過去から現代までの技術や歴史がわかりやすく刺激的に展示され、さすが「世界のトヨタ」と感じられました。
お目当ての子供が楽しめるコーナーには結局入れませんでしたが、それでも「ここが一番楽しかった。」と息子に言わせる程でした。
正に大人も子供も楽しめる、そんな場所でした。
中庭には100年程前のレンガの建物がそのまま残され、この空間をぐっと引き締めていました。
本物のレンガ積みの建築は日本では本当に少なくなってきましたが、その魅力はほんとうにかけがえのないものだと改めて感じづにはいられませんでした。

帰り際に1936年に発売された「トヨダAA型乗用車」の模型をもらい息子は大喜びでしたが、「これだけで入場料の価値がありそう.これでやっていけるのかな...」と、妻が要らぬ心配をしていました。
でも、僕はすぐに答えました。「トヨタだから。」

TO

untitled
カブキチが死んだ2016.09.14

7月の半ばに我が家に舞い降りてきた小さなカブトムシが死にました。

息子に「カブキチ」と命名されたその小さな生き物は、後からやって来た「カブリン」や「メスコ」が早々と逝ってしまった後も、元気に生き続けていました。
出現の仕方が特徴的だったからでしょうか、カブキチにだけは何故か愛着がわきました。
黒光りするつぶらな瞳が他のカブトムシよりも何故かかわいく感じられました。
カブトムシがかわいいと思った事は子供の時でさえあまりなかったような気がします。
妻も同じように愛着があったようです。

「カブキチ」は逝きましたが、土の中では生命力旺盛な彼の子供達が元気に育っています。

TO

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
竣工式2016.09.08

昨日、松福の竣工式がありました。

一昨日はSZ邸の起工式(地鎮祭)、昨日は竣工式。始まりと終わりの祭事が二日連続したわけです。
竣工式の祭事を行うのは一般的にはなかなか珍しい事ですが、餅投げも行った松福さんなら当然の事だったかもしれません。
まだ庭工事などが一部残ってはいますが、これからはお店の人が主役となって準備を進めていく事になります。
今まで同様良いお店となって、「商売繁盛」する事を願っています。

物販店の売り上げに影響するのは店の内容(商品の質と価格、従業員の接客態度)が6,7割、場所性が2,3割、と僕は思っています。
建築が及ぼす影響は1割にも満たないのではないでしょうか。( 飲食店ではもっと多いと思いますが… )
それでも、お店が商売的にうまくいけば誇らしく感じ、だめな時はほんとうに辛く、肩身の狭い思いをします。
心血を注いだ建物ですから、当然といえば当然ですが…

今月の22日がプレオープンです。
おいしいあられが待っていますので、ぜひ一度お立ち寄りください。

TO

IMG_1097
地鎮祭2016.09.06

今日、SZ邸の地鎮祭がありました。

昨年の3月14日にSZさんが初めて事務所に来られてから1年半が経ちました。様々な計画案での打合せ、実施、見積り調整を経て、何とか今日に至りました。
しかし、第二の本番はこれからです。今回初めて仕事をしていただく栗山建築さんとも、まだ半年余りお付き合いいただく事になります。
めんどくさい事を言うかもしれませんが、良い住宅を作るためですので、今後ともよろしくお願いします。

TO

untitled
コックピット2016.09.04

今日、生まれて初めて各務原航空宇宙博物館へ行ってきました。

経験者の息子に案内されて見学した館内はなかなか刺激的でした。
コックピットを覗く息子の目もきらきらと輝いていました。

TO

改装後
KZ邸2016.08.31

KZ邸アップしました。

4月末に竣工したものですが、いつものようにアップするのが遅くなりました。
よかったら、また見てください。

写真は4月1日のブログで載せたカットの完成後です。

TO

untitled
2016.08.24

「松福鷺山店」がもうすぐ完成です。

建築工事はアスファルト舗装以外はほぼ完成し、現在庭工事の真っ最中です。
多くの魅力的な自然石が飛び石として据え置かれ、植栽が次々と運び込まれています。
今月の九日から始まった庭工事は、庭師の金子さん達によってお盆返上で進められ、大まかなイメージが出来上がりつつあります。
今回の庭の広さは160坪余り、敷地内の駐車スペースよりもずっと広く確保されています。
いつもそうですが、建築において植栽はとても重要な要素のひとつです。ただ今回は特に、決定的な要素と言えるかもしれません。
それがないと、魂の抜け殻のようになってしまう事でしょう。実際、ここに掲載した写真のように、庭工事着工前の建築の姿はとても殺伐としています。

もうすぐ出来上がる庭によって、この建築に命が吹き込まれる事でしょう。

TO

untitled
カブトムシ 2016.07.15

最近ブログで虫の事ばかり書いていたからでしょうか…

今日の昼過ぎ車で事務所に帰ってくると、駐車場の真ん中に小さな黒い物体が…
そのまま車を止めようとしましたが、寸前のところで思い止まり車をバックさせました。
車の中からよく見てみると、それはもぞもぞと動いているではありませんか。
「カブトムシだ。」目の悪い僕にもはっきりとその角が確認できました。
「何で真昼間の駐車場にカブトムシが…」そう思いながらも、車から飛び出していた僕の脳裏には息子の喜ぶ顔が浮かんでいました。
妻が用意したクワガタ用の餌のゼリーをぐっと抱え込み、むさぼるようにずっと食べ続けています。

最近時間と気力がなく、ブログでたわいもない話ばかり書いていますが…
「それでもいいよ」と、神様がプレゼントしてくれたのでしょうか。
そんな訳はないか…

TO

untitled
オニヤンマ2016.07.11

今日、伊自良川の上流でオニヤンマを捕まえました。

毎年夏になると息子を伊自良川の上流に連れて行きます。
浮き輪で川を下ったり、小さな魚やおたまじゃくしを捕まえたり、水鉄砲で遊んだり、あれやこれやで息子にはやることが一杯です。
そんな折、この大きなトンボを捕まえました。
魚やおたまじゃくしは逃がしましたが、このトンボは明日幼稚園に連れて行くようです。

TO

untitled
ツマグロヒョウモン2016.07.01

今日、小さな蛹から蝶が羽化しました。
ツマグロヒョウモンの雄です。
10日程前に息子が捕まえた毛虫がすぐに蛹になり、ちょうど8日目に蝶に変身したのです。
羽化の瞬間を見たいと思っていましたが、家族の中の誰ひとりも見ることは出来ませんでした。
ある日気が付いたら、蝶になっていたのです。
また新たな住人が増える事になるのでしょうか…

YO

image
生き物係2016.06.24

子どもを育てていると昆虫等の生き物も付随して育てる事になりますね。
去年は幼虫からカブト虫を成虫に育て、今年はお友達とそのお父さんにクワガタ捕りに連れて行ってもらい只今12匹のノコギリクワガタやヒラタクワガタ、近所の方から頂いたカブト虫のメス、おばあちゃんに連れられて行ったお祭りの出店の金魚2匹を育ています。
なんだかドンドン増えていく…
虫かごもドンドン増えていく…
虫が苦手な私が今になって生き物係になろうとは思いもよりませんでした。笑

YO

untitled
ハネ蟻2016.06.10

「ハネ蟻が2年連続して出ました。」

SY2邸 の奥さんから、そう連絡があったのは1ヶ月程前の事です。
そして今日、工務店の監督さんとシロアリ業者さんと共にSY2邸にお伺いしてきました。
「ハネ蟻が出たのは、水盤近くの木製建具の足元。」そうお聞きしていましたので、「水盤」の湿気がシロアリ発生の原因と推測し、建具近くに水盤を作った事を少し反省していました。
そして、この家のシンボルのひとつである「水盤」を「殺す」事も考えていました。
しかし、「水盤の水はまったく関係ない。」シロアリの蟻道を見つけ、その進入経路や対策を色々と説明するシロアリのプロはそう断言しました。
それを聞き、思い入れのある「水盤」に罪はない、そう思い、ちょっと気が楽になりました。ただ、「そこに流れる雨水を溜めるコンクリートの水槽にヘドロが溜まり、掃除が大変です。」そう奥さんに言われ、また反省です…
その後改善方法を色々と打合せし、何とか「水盤」も生き延びる事ができそうです。

水は建築空間に大変魅力的な素材です。ただ、一番問題を発生させる素材でもあるのです。重々わかっていたつもりですが、改めて思い知らされました。

数年ぶりに訪れた空間は、竣工当初からほとんど変わっていませんでした。ただ、奥さんが撮られたすてきな写真が壁に味わい深い記憶を刻み付けていました。
そして、庭の新緑が梅雨の合間の初夏の香りを運んでくれているようでした。

TO

untitled
本物の和風建築?2016.05.27

今日は「松福」の現場の定例打合せ日でした。

>少しづつ出来上がっていく現場を見るのは、なかなかうれしいものです。

「松福」はクライアントのご意向もあり、出来るだけ「本物」の和風建築となるように作られています。何を「本物」というかは難しいところですが、いぶし瓦葺き、銅版の一文字葺き、塗り壁、自然石の礎石、そして、無垢の木の柱や梁の架構をそのまま現す事等々… それらが建築を少しづつ「本物の和風建築」に近づけていってくれると思っています。ただ、本来の(昔からの)和風建築とはやはり少し違います。出来上がると自然石の礎石の上に太い無垢の柱が建っているように見える部分も、実際はコンクリートの基礎の上に建つ構造柱の外側に、それらが被さっているだけなのです。本来の(昔ながらの)真壁作りで出来ないのは法規上の問題以外にも雨仕舞いや構造上の問題等があるからですが、本当はシンプルに昔ながらの真壁で作りたいのも事実です。それでも、この多少「嘘っぽい」現代風の作りで「本物」を目指しているのです。

この「嘘っぽさ」から救ってくれるのは、やはり「本物」の素材達なのかもしれません…

TO

IMG_4158
テント張り2016.05.23

週末、家族3人でキャンプに行ってきました。

池田山の北端の谷間に、粕川という美しい川が流れています。
その川の辺の桜並木の中に小さなキャンプ場があります。今までに友人達と何度も来たこの場所に、今回は家族3人だけで行ってきたのです。
息子にとっては屋外のテントに泊まるのは初めての経験です。いつもはお手伝いが苦手な息子ですが、この日ばかりはテント張りを積極的に手伝ってくれました。

TO

一級建築士事務所 内川建築設計室 岐阜・愛知・三重を中心に夫婦で建築設計事務所を営んでいます。